臭いのはなぜ!?体臭の原因と発生の仕組み

臭いのはなぜ!?体臭の原因と発生の仕組み

体臭がくさくなる原因とその発生の仕組みを知りましょう!

 

人間の体臭が臭くなる原因は、当たり前ですが体から分布つされる汗や分泌物です。
でもそ汗なんかは実はほとんど臭くないのです!

 

汗自体が臭かったら、お風呂に入っている間も汗をかいているはずだから
臭くなるはずですよね?でもそんなことはないはずです。

 

人間が汗や分泌物を出した後、皮膚の表面にいる最近がそれを分解することで
はじめてあの臭い体臭になっていくのです。

 

臭いの原因と仕組みを知って正しい臭い対策をしていきましょう!

 

アポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺・・人間の体の分泌物とその仕組み

 

一番体臭の原因として有名なのがアポクリン腺です。
アポクリン腺から分泌される分泌物は通常の汗とは違い、足の臭いや、わきの臭い、またの臭いなどの原因になります。
アポクリン腺は足や耳の中、脇の下、股、乳輪のまわりといった人間の体の限られた部位に存在しています。
しかしこの部位ってにおいが気になる場所だと思いませんか?
アポクリン腺から分泌される分泌物がにおいの原因になっているため、アポクリン腺が存在している場所が臭いやすいのです。

 

皮脂腺
皮脂腺はその名の通り、皮脂を分泌する器官となります。
皮脂は体の乾燥を防ぐために皮脂を分泌し、体をガードする役割を持っています。
しかしこの分泌される皮脂が毛穴を塞いだり、皮膚に存在する細菌の栄養になることで
肌トラブルや、臭いの原因になるのです。

 

エクリン腺
エクリン腺からは主に汗が分泌されます。汗自体のにおいはほぼ無臭で、汗の成分も99%が水分です。
ではエクリン腺は体臭と無関係かというと・・関係は強いのです。
アポクリン腺や皮脂腺が体臭の原因であるとすれば、エクリン腺は体臭を拡散する共犯者的な存在です。
汗が大量に分泌されることで、臭いの原因が臭いと一緒に空気中に蒸発し、より広範囲の人にあの独特な臭いを撒き散らす結果となってしまうのです。

 

更新履歴